« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.26

●「コミュニケーション能力」という言葉への疑問

「コミュニケーション能力」に、具体的な実体なんて存在しない。なぜならこの言葉自体が「結果論」だから。

以下引用

・「相手を思いやる優しさ」も
・「空気読む」のも
・「無根拠に自信を持つ」のも
・「相手の都合を無視して自己中に振舞う」のも

自分の利益になるように「成功」した(引用記事で言えば『女をゲットできた』)行動だけが「コミュニ ケーション能力が高い行動」として認められるってことなんだよなぁ。「失敗」した行動は、プロセスに関係なくすべて「コミュニケーション能力が低い」とさ れる。要するに、「勝てば官軍」。

あらゆることの解決法のように言われるこの言葉に対しては、うっすらと、ずっと違和感を感じていたけど、確かにそういう面があると思う。

ただ、生活で遭遇するほとんどの場面では何らかの表現をする必要があって、多くの場合、自分の考えを他人に分かり易く表現できたほうが有利ではある。

なので、「コミュニケーション能力」が御都合主義にまみれた言葉でも、自己表現のスキルは高めておいたほうが良いのは当然。

こういう微妙な(ある意味どうでも良い)意見をちゃんと読めるので、ウェブサーフィン(死語?)は楽しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »