« 2005年12月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.02.20

●Thinkpad380ZにVineLinux3.2

5年くらい前に買ったIBM Thinkpad380ZにVineLinux3.2を入れた。
以下設定の備忘録

●性能
CPU:Pentium2 233Mhz
メモリ:96MB
HDD:10GB

●インストール
グラフィカルインストールで、パーテションは7G、2G、256MBに設定。
サウンド機能と外付LANカードのメルコLPC3-CLTが認識されなかったので、手動で設定。
・LPC3-CLT ここを参照。
引用「/etc/pcmcia/configに、以下を追加し、再起動します。
    card "BUFFALO LPC3-CLT"
version "BUFFALO", "LPC3-CLT"
bind "pcnet_cs"」
それでもうまくいかない場合は、ここを参照し。
引用ですが
「/etc/sysconfig/pcmciaは
PCMCIA=yes
PCIC=yenta_socket
PCIC_OPTS=
CORE_OPTS=
2行めは
PCIC=i82365でも認識。

/etc/modprobe.confは
alias eth0 axnet_cs
alias eth0 yenta_socket」 のように設定、再起動。
ゲートウェイの設定などネットワーク設定もいったん削除してやり直してみた。

・サウンドカード
ここにやり取りがあった。
引用

471 名前: login:Penguin 投稿日: 02/09/17 07:11 ID:ghpUSs5w
超初心者なのでどこに質問してよいのかわからずにここに書き込んでいます。
ThinkPad380ZにVine2.5をインストールして使っているのですが、
音がでません。最新のsndconfig0.68では鳴らなかったので、
ALSAのバージョン0.5.10をVinePluseから落として使ってみましたが駄目でした。
音を出すのに成功している方がいましたら、方法や/etc/modules.confの
設定方法などを教えてください


472 名前: 380Z 投稿日: 02/09/17 07:27 ID:Za8ftj2M
おお!おれも380Zだ!
380Zならこれで設定できたよ!
options adlib_card io=0x388
alias sound-slot-0 cs4232
post-install sound-slot-0 /bin/aumix-minimal -f /etc/.aumixrc -L >/dev/null 2>&1 || :
pre-remove sound-slot-0 /bin/aumix-minimal -f /etc/.aumixrc -S >/dev/null 2>&1 || :
options sound dmabuf=1
alias synth0 opl3
options opl3 io=0x388
options cs4232 io=0x530 irq=5 dma=1 dma2=0 mpuio=0x330 mpuirq=5 」
ということで、いったんターミナルからsndconfigを実行してcs423Xを選択して設定してみた後、上記と比較して不足する記述を/etc/modules.confに追加した。

●Webmin
VineLinux3.2にはWebminが入ってないようなので、GUIのSynapticで追加。ただし、初期設定のリポジトリにはExtrasの分が指定されていないので、/etc/apt/souces.listを編集する必要がある。
「##
## Vine Linux 321
## 標準では extras カテゴリは除外されています。extras カテゴリ内のパッケージ
## が必要な場合はコンポーネントリストに "extras" を追加してください。
# (masters)
rpm [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.2/$(ARCH) main devel
plus updates extras
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.21/$(ARCH) main devel
plus updates extras」
のように、初期設定の行の後ろにextrasの文字列を追加した。これで、SynapticにWebminとかVinePlusに含まれていない色々なパッケージが現れる。

正直、GNOMEは重いのだけど、他のWMをカスタマイズする気力もないので、テーマを「シンプル」にするだけでお茶を濁した。ファイルマネージャだけでも変えれないかな・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年5月 »