« ●鳥糞の恐怖 | トップページ | ●(続)LGPKIはどうなっているのだろう。 »

2004.10.20

●LGPKIはどうなっているのだろう。

いつもためになることが書いてある「高木浩光@茨城県つくば市 の日記」で電子政府関係のデタラメが指摘されていた。こういう機関では良いことも悪いことも横並びで広がっていく可能性があるので、高木さんの「おそらくもう取り返しがつかないだろう。あと5年はこのままデタラメぶりが続くと予想する。」は実際そうなるかもしれない。
しかし、役所もただ単に問題が問題であることを「知らない」ために予算上の理由や年度内完結を優先して(恐ろしいことですが)、セキュリティ面の検討に手を回してないのではないか。
また、今は期限に間に合わすために、とりあえず動かすことが優先されてるのではないか。

よって、この時期に公共の場できっちりと指摘されるのはとても良いことだと思う。

さて、電子政府を実施するにあたって、売りの一つがGPKI(政府認証基盤)LGPKI(地方公共団体における組織認証基盤)だったと思う。
コレによって官庁・自治体側の電子証明書は自前で発行できる建前になっていて、今回指摘されているような発行団体(官庁や市役所や)の身元確認については、正にこれを使うはずではなかったのだろうか。
現状については、このようにまとめられているものの、おそらく多大な予算をつぎ込んでいるはずのこの制度、現状がどうなっているのだろう。
仮にLGPKIがまだ使える状態にないなら、現在全国で進められている電子政府は何を基盤にサービスを提供しているのだろう。

|

« ●鳥糞の恐怖 | トップページ | ●(続)LGPKIはどうなっているのだろう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20200/1724999

この記事へのトラックバック一覧です: ●LGPKIはどうなっているのだろう。:

« ●鳥糞の恐怖 | トップページ | ●(続)LGPKIはどうなっているのだろう。 »