« ●プーさんの声と呪い | トップページ | ●気に入った記事を書き留めておく »

2004.04.04

●模型の保存用ケース

自分は艦船の模型が好きで、ウォーターラインシリーズをちまちまと作っているのですが、ずっと保管の仕方に頭を悩ませていました。
できれば目に付くところに飾っておきたいのですが、そのまま本棚とかにおくと埃が積もって幽霊船のようになってしまいます。掃除をしようとするとマストや機銃が引っかかって壊れます。
実家では店舗用の商品陳列用ガラスケースの小さいのをリサイクル店で買ってきて飾ってましたが、引越しを繰り返す生活にそんなものを置けるはずがなく、つくったものは箱に入れて押入れに仕舞っていました。

ところがある日、近所のホームセンター(オージョイフル)でこんなものを手に入れてしまいました。(見つけたのは奥さんですが)

_unit_showcase.jpg

これは、天馬株式会社というところが作っている『Collection Studio』シリーズの一つであります。
値段は1個1,000円くらい。
丈夫なプラスチック製で、前面と上面が透明で奥にはミラーを張る構造になっており、正面・後面・上面を見ることができます。模型の格納は引出し式になっており、かつ、積み重ねを前提とした形状になっているので、数が増えても積み重ねて保管することができます(コレが重要)。

ウォーターラインシリーズなら、伊勢型までの戦艦は真横にして4隻がそのまま入ります(長門型以上になると対角線上に斜めにしないと入らないと思います)。一部の戦艦や空母以外なら、1個戦隊が一つのケースに入ってしまうのでコレクションに最適です。
もちろん艦船模型に限らず、航空機や戦闘車両のジオラマをそのまま収納することもできるでしょう。

これで、安心して模型を作ることができます。
後は作る時間を確保するだけですが、いつになるやら・・・・。

参考リンク:
ウォーターライン倶楽部
模型 海と空

|

« ●プーさんの声と呪い | トップページ | ●気に入った記事を書き留めておく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20200/392332

この記事へのトラックバック一覧です: ●模型の保存用ケース:

« ●プーさんの声と呪い | トップページ | ●気に入った記事を書き留めておく »