« 2001年10月 | トップページ | 2004年2月 »

2003.02.09

●ブロードバンドな話

とある方からいただいたメールに、「ADSLにしてとても快適」というお話がありました。
わたくしめも2001年9月からNTT西日本の「フレッツADSL(1.5Mbps)」のサービスを利用していまして、確かにと~っても快適です。データ転送速度をhttp://www.bspeedtest.com/で測ったところモデムやISDNに比べて20倍位のスピードです。今の世間のHPは画像と文字が主体なので、そういうページに対してフレッツADSLの速度(一秒あたり150KB)は体感上は必要以上に高速です。

また、音楽配信サイトhttp://www.spinner.com/でプレイヤーをダウンロードして有線放送的に部屋に流しております(すべて無料)。このspinner.comは、レゲエからバロック音楽まで200ぐらいのジャンル分けがあって、わたくしめはよく「MovieTunes」という映画の主題歌・挿入歌ばかり集めた局を流してます。

ADSLについての詳しい説明は、ネット上にいろいろあるのでそっちを見てもらうとして、わたくしめが気に入ってるのは実はその低価格と簡便さであります。

個人的な思いとして、NTTといえば、実家にISDNを引くときに広告では「月額たった○○円!」とか書いてあっても、いざ申し込もうとすると実は工事料30,000円別途必要とか、別途ン万円の機器が必要とか騙し討ちな感覚を受けてしまって、多少不信感を持ってる会社なのですが、今回は宣伝されているとおりのサービスで大変満足しています。

今回はNTTのHPから申し込みしてサービスが使えるようになるまで、案内にある以上の特別な料金・作業はありませんでした(各種コードをジャックに差したり、接続ソフトの設定をしたりの作業は当然ある)。
まさに導入手引きにあるとおりにやればすぐ使えるようになっています。

いわゆる「ブロードバンド」は、これまでのアナログモデムやISDN(「ナローバンド」と呼ばれたりします)と対比して「Broad(広い)」と呼んでおり、1.5MbpsのADSLでさえ以前の20倍以上の速度がでます。このごろはプロバイダ契約とセットになって追加料金がむっちゃ安いサービスも多く、新たにインターネットを始めるヒトはよっぽどのことがない限りADSLを導入するんではないでしょうか?

話題のYahooBB、アッカやイーアクセスはじめ各社からADSL(8Mbps)のサービスが次々と発表されてます。(1.5Mbpsとか8Mbpsてのはデータ転送速度の理論上の最高速度を示していまして計算上では3倍以上の差があることになる。)

また、NTTからは光ファイバー回線を使った「Bフレッツ(FTTH)」なるサービスが開始されておりこちらは10~100Mbpsの速度を謳っております。
個人ユーザーが高速回線を低価格で利用できるようになって大変結構ですが、ただ、ブロードバンドサービス内の差異(1.5Mbpsか8Mbpsか。ADSLかFTTHか)に実用上どれだけの差があるのか、実は疑問もあるのです。> 例えば「回線の速さとサーバー能力のアンバンランス」「大容量HPの内容(コンテンツ)の利用価値」を考えただけでも、回線が太ければ太いほど有用度が比例して大きくなるわけでもなさそうです。


参考リンク"> 「今日の必ずトクする一言 アジアの風ADSLの速度のナゾ」

(2001.11.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年10月 | トップページ | 2004年2月 »